トップ

下肢静脈瘤を改善する

年齢が上がるごとにリスクも上昇

下肢静脈瘤になりやすい年齢

足がむくみやすくなり、歩きづらさや立ち座りのしにくさを覚えていらっしゃる方は、下肢静脈瘤になってしまっている可能性があります。下肢静脈瘤は足のむくみやだるさから症状が始まり、そのまま放置していると症状が進行してかゆみや痛みを発症し、痛みがひどくなると日常の立ち座りや歩行にも大きな影響が出てしまう病気です。

基本的に、下肢静脈瘤は年齢を重ねることによって起きやすくなる病気だと言えます。下肢静脈瘤の主要な原因は下肢の血行が悪くなることですので、加齢による身体の老化に伴って心肺機能が低下していくことで、下肢までしっかりと血液が送られなくなるために起きてしまうことが多くなっています。下肢静脈瘤でお悩みならこちら。

下肢静脈瘤は30代を境に発症率が上昇し始め、40代から50代の方の発症率が年代別では最も高くなっています。特に40代から50代の女性で、かつ立ち仕事を行っている方は要注意だと言えるでしょう。

しかし、その後年代が60代に差し掛かると一転して発症率は上昇しなくなります。ですから、下肢静脈瘤は40代から50代にとって大変注意しなければならない病気だということが分かりますね。

また、下肢静脈瘤は高齢出産を経験した方に発症することが多いのも特徴となっています。30代の方であっても、初産が30歳を超えてからだったという方は下肢静脈瘤のリスクが格段に上がっている可能性がありますので、注意が必要です。

この病気は命の危険があるような病気ではありません。しかし、慢性的なむくみや血行不良よって日常生活に支障が出てしまう病気であるため、重症化してしまった場合には日常の家事や外出などにおいても深刻な障害となってしまうこともあるのです。

Copyright © 年齢が上がるごとにリスクも上昇. All rights reserved.